カメラ

初めてのカメラはどれにする?初心者向けのカメラをご紹介!

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

「どのカメラ買えばいいですか?」

この質問よく聞かれます。
カメラ選び本当に迷いますよねー

どういうものを撮りたいのか。
予算はどれくらいなのか。
などなど色々聞いてから実際は提案しています。

ただ、最近のカメラは、本当に性能がいいです。
大体のニーズを叶えてくれるものが多いと思います。

今回は、「もし僕がカメラを始めるならどれにするか」っという設定で考えてみました。
是非、参考にしてみてください。

ミラーレス機を選ぼう!

カメラの選別として、一眼レフとミラーレス機があります。

この2つの違いは、カメラ内にミラー(鏡)があるかないかの違いです。

一眼レフは、ファインダーから鏡に写った景色を見ながらシャッターを切ります。
ミラーレスは、ミラーの代わりに写っている映像を確認しながらシャッターを切ります。

僕のオススメは、ミラーレスです。

ミラーレスの性能はどんどん上がっています。
一眼レフより優れている点が出てくるほどです。

具体的あげると次の点があります。

・カメラの小型化で軽い
・映像で確認できるので、仕上がりがイメージしやすい
・逆光でも撮りやすい
・ピントを合わせやすい

ミラーレスなら、これらのメリットがあります。
詳しくは、下の記事にまとめましたので、よかったらご参考にしてください。

買うならミラーレス!一眼レフよりも優れている点とは?こんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 カメラ買うならいいものが欲しい! やっぱりミラーレス買うよりは、...

センサーサイズは、APS-C以上にしよう!

センサーサイズというのは、カメラから取り込んだ光を映像に変えてくれる部分のことです。

センサーサイズは、色々種類があります。

・マイクロフォーサーズ
・APS-C
・フルサイズ

これらのどれかになるかと思います。
センサーの大きさによって、どれになるかが変わってきます。

マイクロフォーサーズ<APS-C<フルサイズ
このようになっており、フルサイズが一番大きなセンサーになってます。

センサーは大きい方がいいです。
その理由は、光を多く取り込めるからです。
センサーが大きいと、

・ボケ感が大きくなる
・細部まで綺麗な描写に
・高感度撮影に強い

など、とってもいいことばかり。
なので、センサーの種類もチェックしてくださいね。

センサーサイズは、APS-C以上がオススメ。
フルサイズにした方がいいですが、値段も手が出しづらいところまで行ってしまいます。
APS-Cも十分綺麗な写真が撮れるますので、ご安心を!

ファインダーをある機種を選ぼう!

カメラはファインダーのあるものにしましょう。
ファインダーとは、カメラに付いているのぞき窓のことです。
これあると、プロっぽくなりますね!

ファインダーがあることによって、

・手ぶれが防げる
・構図が作りやすい
・晴天・逆光でも撮りやすい

など撮影を助けてくれる心強いものですね。

特に、晴天、逆行時でも撮りやすい。これが本当に助かります。
僕は逆光でのシーンが大好きなので、ここは欠かせませんね。

ファインダーは必要?ファインダーのメリットを考えてみたこんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 ミラーレス機がどんどん増えてきて、ファインダーがないモデルも増えて...
写真の雰囲気が変わる!逆光を使っての撮り方こんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 カメラを構えてる時に、「こっち逆光だ」っと諦めて別の場所に移動する...

オススメカメラをご紹介!

ここまでをまとめると、

・ミラーレス機
・APS-C以上
・ファインダー

これらを兼ね備えている機種で選んでいこうと思います!

EOS Kiss M

created by Rinker
キヤノン
¥86,980
(2020/09/25 23:59:20時点 Amazon調べ-詳細)

大人気のEOS Kiss シリーズ。その中でも、初のミラーレスが、EOS Kiss M です。

Kissシリーズの可愛いらしいデザインは健在ですね。個人的には、ホワイトがとても可愛らしく見えます。
同シリーズのX9、X9iよりも小さくて軽いのはいいですよね。

特に、液晶がバリアングル式が大きな特徴ですね。
上下左右に動くので、ファインダーがまだ不慣れの方や、自撮りする時には大変便利ですよ!

FUJIFILM X-T20

富士フイルム FUJIFILM X-T20-S ミラーレス一眼カメラ シルバー [ズームレンズ][FXT20LKS]

 

このクラシックな外観がたまらないですよね。
一目惚れしてしまう人も多いのではないでしょうか?

ダイヤルが多いのが特徴で、カメラを触ってる感を楽しめるのもいいですね。

FUJIFILMの画質は定評がありますね。
JPEG撮って出しでも素晴らしいと言われてます。後で手を加えなくてもいい色合いを出してくれます。
X-T20でも色合いはさすがですね。

タッチパネル操作で液晶モニターで操作できるのは、初心者の人にはいいのではないでしょうか?

SONY a6000

すっきりとしたデザインがいいですよね。

この機種はなんといってもとっても小さいです。
重さはわずか約285g。
APS-Cのセンサー搭載でこのサイズと軽さは驚きといってもいいのではないでしょうか?

価格もダブルズームレンズキットでも、8万円を切ってくるのでコスパいいですね!

奮発できる方はこちら!ワンランク上のオススメカメラ!

ここからは

・カメラを本気でしようとしている方
・予算が多めのリッチな方

そういった方向けのカメラをご紹介します。

ワンランク上となると、やっぱり「フルサイズ」になってきますね。
なので、ここからはフルサイズ機のご紹介になります。

SONY a7 II

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥123,327
(2020/09/26 10:21:14時点 Amazon調べ-詳細)

僕が一番オススメするのは、これですね!
フルサイズでありながら、性能、価格と一番バランスがいいと思います。

それと、5軸手ブレ補正機構があること。
つまり手ぶれ補正がカメラに付いているのがいいんですよね。

これによってレンズに手ぶれ補正がないものを使っても、カメラ側で手ぶれを防いでくれます。

僕のようなオールドレンズを使う人にはとてもありがたいですよね。

魅惑のオールドレンズ!独特の世界観を楽しもう!こんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 写真にいい質感出したい!フィルム写真みたいなやつ普通のカメラで出せ...

また、専用バッテリーがなくても、USB充電ができるのが、魅力の一つでもありますね。

a7IIと買うレンズなら、

・タムロンの28-75 f2.8
・Gレンズの24−105 F4

タムロンは、大三元レンズがこの価格なのは魅力ですよね!
f2.8で明るいですし、レンズも550gもとても軽いのも魅力です。

Gレンズの方は、F4通しで、24-105の焦点距離はとても便利です。

どちらにするかすごく迷うと思いますが、どちらか持っていても損はないかと思います。

SONY a7 III

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥215,982
(2020/09/26 10:21:14時点 Amazon調べ-詳細)

とっても人気のa7IIIシリーズですね。
a7IIの後継モデルです。

一番いいと思うのは、瞳AF機能ですね!
瞳AFは、瞳にピントを合わせてくれる機能です。

この機能は、ピンボケ対策にはありがたい機能ですね。

人物撮影は、瞳にピントがあっているのが基本です。
顔全体でなく、瞳に合わせる。これだけで、ぼやっとしてしまうのが防げます。

a7IIIは、瞳AF機能がとっても優秀です。
止まっている時にもそうですが、動いていてもピントがずっと合わせてくれています。

一瞬の瞬間を逃したくない。

その思いが強い人は是非、オススメしたいです。

SONY a7R III

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥209,980
(2020/09/25 23:59:22時点 Amazon調べ-詳細)

ソニーのフルサイズで一番プロ向けの機種といえば、a7R IIIですね。

α7 IIIは,2420万画素に対して、α7R IIIはより高画素の4240万画素です。

引き伸ばしても、綺麗な状態で保てるまさにプロの機材ですね。

個人的には、ここまでハイスペックでなくてもいいのではないのかなーって感じですね。

CANON EOS R

created by Rinker
EOS
¥194,800
(2020/09/25 23:59:22時点 Amazon調べ-詳細)

ついにキヤノンも、ミラーレスでのフルサイズを出してきましたね。
キヤノンの一眼レフの方は、こちらに移っていく人が多いんでないでしょうか?

こちらは、液晶モニターがバリアングル形式になっています。
フルサイズのミラーレス機では、珍しいですよね。

一緒に発表された、「RF28-70mm F2 L USM」も注目ですよね。
値段は、ハチャメチャですが。。

NIKON Z6

ニコンもフルサイズのミラーレス機を出してきましたね。
この分野は競争が激しいです。
ニコンユーザーはこちらに流れ込むのではないでしょうか?

Z6の特徴は、レンズのフォーカスリングに露出補正や絞りなどの、別の機能を割り当てできるようになっています。
これは上手に使えば、設定が簡単になりそうな気がしますね。

 

 

 

 

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)