カメラ

予算10万円!オススメカメラを考えてみた

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

以前初心者の方がデビューするカメラの記事を書きました。
まだ読んでない方は、見てもらえると嬉しいです。

初めてのカメラはどれにする?初心者向けのカメラをご紹介!こんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 「どのカメラ買えばいいですか?」 この質問よく聞かれます。 ...

カメラを紹介しただけだったので、肝心なところを考えていませんでした。

それは「予算」です。

カメラは高いですよね。
カメラ買ってレンズ買ってと、いろいろ揃えるととんでもない金額になります。

なので決められた範囲で、いいものを揃えたいところですね。

今回は、予算10万円として考えてみました。

これは外せない機能と性能

以前の記事にも書いたのですが、僕にはこれだけは備えてほしい機能と性能があります。

それは、

・ミラーレス機
・ファインダーあり
・センサーサイズはAPS-C以上

この3つは欲しいですね。
これらが備わっていれば、写真の撮りやすさや画質がいいと思います。

ミラーレス機

ミラーレス機の需要はすごく伸びてますね。
プロも続々と使うようになっているほどです。

ミラーレス機のメリットを簡単にまとめると、

・カメラが小型化で軽い
・映像で確認できるので、仕上がりがイメージしやすい
・逆光でも撮りやすい
・ピントを合わせやすい

などなどメリットいっぱいです。
僕の個人的な意見ですが、一眼レフにするメリットは少ないと思います。

詳しくはこちらにまとめてあるので、興味のある方はどうぞ

買うならミラーレス!一眼レフよりも優れている点とは?こんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 カメラ買うならいいものが欲しい! やっぱりミラーレス買うよりは、...

ファインダーはあった方が絶対いい!

ファインダーはあった方がいいです。
確かに背面ディスプレイで見て撮ることはできます。

ただ、ファインダーを使うことで

・手ぶれが防げる
・構図が作りやすい
・晴天・逆光でも撮りやすい

などのメリットもあるんですよね。
特に、晴天や逆光でも撮りやすいのが個人的にはありがたいです。

こちらもまとめてあるので、よかったら覗いてみて下さい。

ファインダーは必要?ファインダーのメリットを考えてみたこんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 ミラーレス機がどんどん増えてきて、ファインダーがないモデルも増えて...

センサーサイズはAPS-C以上で

センサーサイズというのは、カメラから取り込んだ光を映像に変えてくれる部分のことです。
カメラにはとっても重要なパーツでもあります。

このセンサーサイズは大きければ大きいほどいいです。

その理由は、

・ボケ感が大きくなる
・細部まで綺麗な描写に
・高感度撮影に強い

っと写真に影響あることばかりですね。

ただ、一番センサーサイズの大きいフルサイズになると、お値段が高い。
10万円以上するので、今回の予算10万円からオーバーしてしまいます。

なので、APS-Cというフルサイズのワンランク下をオススメ。

APS-Cだと、値段は下がりますが、画質も全然問題ないです。
コスパが一番いいと言えます。

10万円で、レンズは何本か欲しい

ミラーレス機で考えていくとして、どうせならレンズは何本か欲しいですよね。
一本だけでもいいんですが、レンズがいくつかあると写真の幅が広がります。

レンズを変えていろいろな写真撮るのも楽しいですよ。

個人的には、標準レンズと単焦点レンズがあれば、かなり遊べるかなーっと思います。

なので、予算内で、カメラとレンズ2本で考えてみたいと思います。

キヤノン EOS Kiss M

カメラと言えば、キヤノン!っという方も多いのではないでしょうか。

定番のEOS Kissシリーズミラーレスが、EOS Kiss Mになります。

ボディだけだと、

だいたい6万円ほど。
結構安いですね。

標準レンズ付きのレンズキットは

75,000円前後ですね。

単焦点ですが、こちらですね。

EF-M22mm F2 STMですね。
パンケーキレンズと呼ばれる小さいレンズです。
F2とF値が明るいレンズなので、ボケや暗いところにいいですね。
お値段は、25,000円前後ですね。

レンズキットと、単焦点レンズで、約9万円
予算内で揃えることできました!

ただ、ボケを作るには、22mmといったところが気になるところ。
このレンズは、建物や風景などを撮るスナップ写真には優秀だと思います。

人を撮ることが目的で、ボケ感を出そうともの足りない人もいるかもしれませんね。

キヤノンのミラーレス機は、まだレンズのラインナップが少なめです。
一眼レフ用のレンズはすごく豊富なんですが。

一眼レフ用のレンズを使えるんですが、マウントアダプターというものが必要です。
マウントアダプターは、カメラとレンズの間に使う部品です。
カメラとレンズの規格が違う場合に必要となる品物です。

マウントアダプターは、キヤノン純正のものだと、

1万円ほどですね。

それと、キヤノンの誇る神レンズこと「EF50mm F1.8 STM」がオススメですね。

明るいF1.8が1万円代で買えるのは、本当にコスパがいいです!

ただ、APS-Cだと標準の50mmが35mm換算で75mmほどの中望遠に換算されます。
ややこしいですよね。

フルサイズとAPS-Cでは、カメラの画角が違うんです。
フルサイズ換算で考えようということで、このように換算するんですね。
こちらはログカメラ様で詳しく書いてある記事があったので、こちらを参考にすると理解できるかと思います。

室内だと狭くて使いづらいかもですが、広い外ではいいボケ感出せていいですね!

 

マウントアダプターとEF50mm F1.8 STMを揃えると、予算ギリギリかなと思います。

ソニー a6000

今ソニーの人気はすごいですよね。
フルサイズ機は、プロの方が続々と手に入れて素敵な写真を撮られております。

そんなソニーでオススメしたいのは、「a6000」です。
旧機種にはなるんですが、性能は問題ないですし、コスパがいいと言える品物だと思います。

5万円とは、かなりお安い!

レンズキットだと

レンズキットでも6万円です!
いいですね!

単焦点レンズは、こちら

SEL35F18ですね。35mm換算で、52.5mmなのでとっても使いやすいと思います。
F1.8と明るいレンズです。
いいボケ感がでますね。
レンズは4万円とちょっとお高め。

これだと予算ギリギリかなって感じですね。

中望遠でもいいって方は、SEL50F18

こちらは2万半ばです。
こちらも、F1.8と明るいですし、中望遠なので、もっとボケ感を求めるならこちらかと。

こちらだと、レンズキットと合わせても、85,000円ほどくらいとすごくコスパがいいですね!

ちなみに、ソニーはフルサイズのレンズも、マウントアダプターなしで使えます。
これは嬉しいですね。
ただ、手ブレ補正は効かないので、そこはご注意を!

 

 

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)