写真

RAWデータで保存!大切な写真を残したい人必見!

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

大切なシーンは、いい写真で残したいですよね。

結婚式だったり、お子さんの入学式だったり、いろいろあると思います。
写真は後に残るものなので、見返して思い出に浸るのも特別な時間だと思います。

そんな大事な写真を失敗してしまったら、とても悲しいですよね。
写した写真が暗かったり、色味が実際と異なったりしたら、ちょっとがっかりしてしまいます。

今回は、大事な場面を残すために、知っておいて欲しいRAWデータについてご紹介します。

RAWデータって何?

そもそもRAWデータって聞きなれないワードだと思います。
RAWデータとは、英語の「RAW」に由来し、「生、未加工」を意味しています。

カメラはイメージセンサーというものに、光を集めてデータ化されます。
光のデータは赤、青、緑の光の3原色に分けて処理されます。

これらがどのくらい集まってるかをデータとして保存できるのです。
難しい話ですが、RAWデータは、「光の情報」ということになりますね。

それに対して、JPEGという形式があります。
パソコンやスマホでもおなじみのデータ形式ですよね。

実はJPEGはRAWデータを元に、カメラ内で処理されて画像としてできているんです。
つまり、加工済みのものとなります。

よくこの違いを料理に例えられることが多いです。
RAWが加工前の「牛肉」とするならば、JPEGは調理済みの「ステーキ」のようなものですね。

RAWデータのメリット

明るさを変えられる

RAWデータは明るさを後で変更できます。
暗くてよく見えない写真も、全体的に明るくすることもできます。

色味を変えられる

実際の色味と違うな、カメラの設定のせいでなんだか青味が出てしまっているなど、色味の悩みありますよね。これも後から調整して自分好みに近づけることもできます。

白とびや黒つぶれが修正できる

明るさを調整する他に、真っ白になってしまった白とびや、黒く塗り潰されたような黒つぶれも修正可能です。
ただ、白とびの場合は、修正できない場合も多いので、撮る前から気をつけた方がいいですね。

黒つぶれした景色も、ここまで持ち上げることが可能です。
今回は色味も優しく仕上げています。

加工してもが画像劣化しない

RAWデータは、光の情報です。
画像ではないので、何度加工しても、劣化することがありません

逆に、JPEGは加工する度に劣化していきます。ただ、やりすぎない程度なら、JPEGでも全然問題ないと思いますよ。

撮影に集中できる

後から加工や修正できるという前提であれば、明るさなど撮る前にシビアに気にする必要はありません。

それより大事な一瞬にシャッターを切る。こっちに優先できるからです。

極論を言えば、ピントと構図さえしっかりしていれば、後からある程度はカバーできるということになります。

RAWデータデメリット

データ量が重い

JPEGと比べると、データ量は何倍もあります。
お使いのメモリーカードの容量が少ないとすぐにいっぱいになってしまうので、注意が必要です。

今容量の多いメモリーカードや、写真を保存しておくハードディスクも安価になってきました。
容量の大きいものを用意するのは、そんなにハードルは高くないかと思います。

クラウドサービスで保存しておくなら、Amazonプライムフォトがオススメ。
Amazonプライム会員なら無料で利用でき、RAWデータも無劣化で容量無制限で利用できますよ。

PCでの専用ソフトが必要

RAWデータを確認するには、編集ソフトでないと見れませんし、加工することもできません。撮ってすぐにスマホに送るということができないのです。

編集ソフトは、カメラを買った時についているCDや、メーカーのサイトよりダウンロードできます。
無料で使えるので、まずは手に入れて使ってみて下さい。

ちなみに私は、「lightroom」というソフトを使用しています。
有料にはなるんですが、動作の軽さ、表現の幅が無料のものより広いのが気に入ってます。無料のもので物足りなさが出てきたら是非、検討してください。

ちなみに、パッケージ版以外にこのソフトは、月額980円で利用可能です。
なんとPhotoshopも使用できるお得なプランです!
ステップアップの時には、こちらをオススメします。

まとめ

メリット、デメリットを上げました。
個人的にはメリットの方が多いのではないでしょうか。

何より自分の好きな写真にできる、撮影に集中できるというのは大きいです。

編集ソフトは、無料ですので、一度体験してみて欲しいです。
大切なシーンをよりよく残せたら幸いです。

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)