写真

夕日の綺麗な撮り方。初心者でも設定で劇的に変わる!

 

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

1日の終わりを告げる夕日。見ていてとっても癒されますよね。
カメラを向けて撮ってみても、仕上がりがイマイチといった経験はありませんか?
ちょっとした設定で、あなたの写真は劇的に変わります。
是非、試してみてくださいね。

絞り優先モードで撮ろう!

絞りとは、カメラに入る光の量を調整することを言います。
レンズの穴の大きさを大きくしたり、小さくしたりできます。
この値を数値化したものが「F値」と呼んでいます。

F値の数字が小さいと穴は開いた状態なので、光をたくさん取り入れることができます。
逆に大きければ、穴は小さくなるので、光が通りづらくなります。

夕日の光はとても強いものです。
ずっと見ていられないですよね。
絞りを行うことで、光の量を調整し、くっきりとした夕日を撮れます。

カメラの撮影モードに絞り優先モードというものがあります。
Aモードや、Avモードなどの名前になっていると思うので、探してみて下さい。
このモードを使用すると、絞り値を自分で変えることができます。

絞り優先モードにしたら、F値を設定します。
F8〜F11くらいに設定してみて下さい。
これだけでも、夕日がくっきりしてきますよ。

F値とは?初心者向けに解説!まずは2つ覚えよう!こんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 カメラの用語って難しくないですか? 馴染みのないワードがまた難し...

 

露出補正をしてみよう

絞り優先モードで、いい感じになったでしょうか?
まだ少し明るいなって方は、次は露出補正して見てください.。

露出補正は段階的に、明るさを調整してくれます。
この値を下げれば、暗めに、逆に上げれば、明るくなります。

夕日は暗くすると、雰囲気が出てきてきます。ぐっとくる明るさに補正してみてください。

補正前の写真

露出補正で、-1.0を行った写真

落ち着いた明るさになり、太陽もくっきりしましたね。
自分の好みの写真になるまで、調整してみてください。

ホワイトバランスを使ってみよう

夕日は、オレンジ色なのに、写真は青っぽいな。。
そんな時は、ホワイトバランスを使ってみてください。

ホワイトバランスは、簡単にいえば「カラーフィルター」です。
カラーフィルターを使って写真に赤みや青みなど色味をつけることが可能です。

オレンジ色っぽくしたければ、日陰モードがオススメです。
このモードにするだけで、夕日はドラマチックになりますよ。

カメラによっては、ホワイトバランスにもっと色味を加えることができます。
確認しながら出したい色味にしてみてください。


ホワイトバランス オート


ホワイトバランス 日陰

オレンジ色に染まりましたよね。
ホワイトバランスを変えるだけで、こんなにも違ってきます。
お好みの色味を探してみて下さい。

まとめ

おさらいです。カメラの設定3点を設定します。

・絞り優先モードにする。絞りはF8〜F11くらいに。
・露出補正を行う。明るくしたいなら+に。暗くしたいなら−に。
・ホワイトバランスを行う。日陰モードでオレンジ色に。

これらの機能を使えば、あなたが以前撮った写真とは全く違うものになっているはずです。

いい写真撮れたら楽しいですよね。
カメラの設定だけでこれだけ違ってくるものなんです。

今回紹介した機能は、どのシーンでも使える機能です。是非、覚えてもらって素敵な写真を残して下さいね!

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)