写真

写真をふんわりさせたい!実践すべき抑えておきたいポイント

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

写真に優しい雰囲気があったらいいですよね。
ふんわりした雰囲気があれば、思い出の写真を見返したときに、楽しかった気分がより味わえるはず。

ただ、どうしていいかも分からない人も多いのでは?
ふんわりした雰囲気を出すのは、そんなに難しくありません。

いくつか気をつけるべきポイントを抑えれば、あなたにも簡単に出来るはず。
今からご紹介するテクニックを是非、覚えて下さいね。

写真を明るくする。

基本ですが、ふんわりするためには、明るい写真にすることです。
暗いと固い感じになってしまいます。
まずは、明るくしてみましょう。

露出補正の機能を使って、明るさを段階的に上げてみて下さい。
だんだんと優しい雰囲気が出てくるはずです。
お好みの明るさに調整してみましょう。

曇りの日に撮影する。

外での撮影の時には、曇りの日に撮影するのがオススメ。
太陽の光をうまく軽減してくれて、自然のカーテンの役割をしてくれます。

雲のおかげで、写真全体がふわっとさせてくれます。
逆にお昼の晴天の時は、光が強すぎてオススメできません。

その場合は、木漏れ日などを利用するなど、光を軽減出来るポイントを探すといいですね。

木漏れ日使うと、ふんわり感出ますよ。

コントラスト、シャープネス、彩度を下げてみる。

カメラの設定で、ふんわり感を高めることができます。
ふんわり感を高めるポイントは、淡く仕上げることです。

淡く仕上がるために、タイトルの項目の数値を下げてみます。
これらの特徴なんですが、

・コントラスト 明るい部分と、暗い部分の差のこと。
・シャープネス 輪郭や境界線をを調整する機能。
・彩度     色の濃さ。

これらの数値を低くすると、ソフトな優しい印象を与えることが可能です。
カメラのメーカーによってこれらを調整する機能の呼び名が違います。

キャノンなら、「ピクチャースタイル」
ニコンなら、「ピクチャーコントロール」
ソニーは、「クリエイティブスタイル」

など、呼び名は様々。お使いのカメラの機能で、調整してみて下さい。

逆光を利用する。

逆光を使うと簡単にふんわりすることが出来ます。

特に、朝日や夕日などの日が低いが特にオススメ。
この時間帯を狙ってみてください。

逆光は、撮るの難しいと思うので、以下の記事も参考にして下さいね。

写真の雰囲気が変わる!逆光を使っての撮り方こんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 カメラを構えてる時に、「こっち逆光だ」っと諦めて別の場所に移動する...

最後に

ふんわり写真は、ちょっと気をつければ誰でも出来ると思います。

特に光を読むことがとても大事です。

光をカメラにどれだけ集めるか。
最初は難しいと思いますが、いい写真が撮れたらとっても嬉しいと思います。

今回、お伝えしたポイントに注意してふんわり写真撮ってみて下さいね。

スマホで簡単加工!ふんわり写真の作り方加工でふんわりした写真に仕上げたいときありますよね。 今回は、自然な感じで写真をふんわりする方法をご紹介します。 無料のアプリでスマホで加工できますので、是非お読み下さい。...

 

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)