写真

スマホで簡単加工!ふんわり写真の作り方

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

ちょっと前に、ふんわり写真の記事を書きました。
まだ見てない方は、読んでもらえると嬉しいです。
カメラの設定や気をつけるポイントなどが書いてあります。

写真をふんわりさせたい!実践すべき抑えておきたいポイントこんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 写真に優しい雰囲気があったらいいですよね。 ふんわりした雰囲気が...

ただ、前に撮った写真をふんわりさせたい。
もっとふんわり感が出したい。

など、思っている方も多いですよね。
そんな時は、加工するのがいいですね。

カメラしている方には、この加工は当たり前になっています。
加工のことをレタッチと呼んでいます。
綺麗な写真と思った写真は、だいたいレタッチしていると思ってもらっても構いません。

スマホでもフィルターかけたりする人も多いですよね。

今回は、加工してふんわり感を出そう!っという記事です。
しかも、スマホで簡単に、アプリは無料なものを使おう!をコンセプトにしたいと思います。

LIghtroomをダウンロードしよう!

まず初めに、アプリのダウンロードですね。
使用するアプリは、「Lightroom CC」

adobe社が出している画像編集ソフトですね。
Photoshopで有名なadobe社ですが、Lightrooomは画像の編集、管理に特化したソフトです。

以前できることを記事にしたので、こちらも参考にしてください。

スマホ1つで簡単編集!神ツールLightroom mobileこんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 写真を綺麗に残したい、見た景色に近づけたい。 そういったお悩みを...

僕は、普段PCで写真をレタッチしています。
Lightroomの月額制のプランに加入して利用しています。

ただ、モバイル版は無料なんです。

課金すれば、できるサービスが増えるんですが、初心者の方は無料の範囲で十分ですね。
下記のバナーからダウンロードしてみて下さい。

App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう

今回加工する写真はこちら!

今回は、こちらの写真を加工していきます。
コスモスが綺麗に咲いていました。
ただ、空が曇りで残念ですよね。

この写真を使って、Lightroomを使ってレタッチです。
手順を追っていけば、このような写真になります。

優しいふんわりした写真になりましたね。
では、早速実践していきましょう!

加工手順を解説!

ここからは加工の手順を解説していきます。
順に沿っていけば、ふんわりできると思いますので、やってみて下さい。

写真を選択する

lightroomを起動しましょう。
カメラロールに入っている写真を選びます。


赤い丸印のボタンから写真を選んで下さい。

写真を明るくしよう!

選んだら写真を明るくしましょう。
ふんわりした写真は、全体的に明るくしないといけません。

lightroomは項目ごとにスライドがあって、そこを右に左にするだけです。
動かしながら、自分がいいと思った所で止めて下さい。


下の欄の「ライト」のところを押してみて下さい。
まずは、ここから加工していきます。

「露光量」のところで写真全体の明るさを変えることができます。

今回は、曇りで薄暗い写真だったので、+1.2まで上げてみました。

 

コントラストを下げよう!

次に「コントラスト」の調整です。
コントラストと言うのは、写真の明るさと暗さの差のことです。
ふんわり写真にするには、明暗差をなくしていくことが大事です。

コントラストの差をなくしていき、淡い感じを目指すようにしましょう。


今回は、コントラストを−20まで下げました。
明るさとコントラストだけでも、優しい印象になってきましたね。

 

シャドウ、黒レベルを上げよう!

次に「シャドウ」、「黒レベル」の調整をしていきます。
ふんわりした写真に仕上げるには、黒い部分をなるべくなくしたいですね。

そこで、シャドウと黒レベルを上げていきます。
この2つを上げていくと、暗い部分がなくなっていきます

まずは、シャドウを調整してみましょう。


シャドウを+20してみました。

次に黒レベルです。
まだまだ暗い部分が多い感じですね。


大きく+60までしてみました。

ふんわり感が増しましたね。

シャドウも黒レベルもそうなんですが、やりすぎると不自然感が出てしまいます。
なので、写真をみながら自然な感じを意識して下さい。

+100にしても気にならないケースもありますので、確認しながらが大事ですよ。

明瞭度を下げよう!

最後にもっとふんわりしてみましょう。
これをやるだけでも、ふんわり感が出せるツールです。


下の欄の「効果」のところを選択して下さい。
そこにある「明瞭度」のスライドを調整します。

明瞭度は、被写体の輪郭を変化していきます。

このゲージを下げると、ボヤッとしたふんわり感が出せます。

今回は、−20まで下げました。

個人的なイメージですが、20くらいまでが自然な感じが出せると思います。

どんどん上げていくと、いかにも加工していますっといった印象が出てしまいますね。

ここでも写真を見ながら調整していきましょう。

これで完成です!
ふんわりした写真ができましたね。

最後に

軽くおさらいしておくと、

・露光量で明るくする。
・コントラストを下げる。
・シャドウ、黒レベルを上げる。
・明瞭度を下げる。

このステップでいけば、ふんわりできますね。
以外と簡単だったのではないでしょうか?

ふんわりしたお気に入りの写真を作ってみて下さい。

 

 

 

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)