観光

金沢21世紀美術館ガイド!フォトジェニックなポイントをお届け!

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

すっかり金沢の観光スポットになった21世紀美術館。
普段美術館に行かない人でも、足を運びやすいですよね。
定期的に素敵なイベントがやっているので、地元民もよく通っています。

金沢21世紀美術館はフォトジェニックなスポット盛りだくさんです。
今回は、金沢21世紀美術館を徹底ガイドしていこうと思います。

金沢21世紀美術館とは

金沢市の現代美術館、それが金沢21世紀美術館です。
兼六園もすぐ近くにあり、金沢の繁華街、片町にも歩いていける距離にあります。

金沢21世紀美術館は、2004年にオープンしたました。
「新しい文化の創造」と「新たなまちの賑わいの創出」を目的に開設されました。

建物には表と裏のないガラスのアートサークルが採用されています。
とっても開放的な造りになっています。

丸い建物の造りから、「まるびぃ」の愛称で呼ばれたり、「21美(にじゅういちび)」と呼ばれたりしていますね。

年間250万人を超える来館者でとっても人気です。
すごい数ですよね。

 

 

ラビットチェアー

人気スポットの一つラビットチェアー。
インスタでもよく出てきますよね。

背もたれのうさぎの耳の形がとってもかわいいですよね!
白い壁によく合います。

ここに座ってうさぎの耳のポーズをするのが、定番になってきてますね。

このラビットチェアー、美術館と同じSANAAさんがデザインされているそうです。

タレルの部屋

ジェームズ・タレル氏の作品、ブルー・プラネット・スカイです。

高い天井を見上げると、正方形に切り抜いてあって、空が見えます。
ベンチに座って、ゆっくり空を眺めてください。

その日の天候で見える世界が違いますし、昼と夜でも変わりますよね。

「どのように光を感じるか」そんな意図がこの作品にはあるようです。
普段気づかない感覚を感じてみてくださいね。

 

カラー・アクティヴィティ・ハウス

オラファー・エリアソン氏の作品。
シアン、マゼンタ、イエローの3色のガラスの壁が組み合わさった作品です。

壁の中や外を自由に回ってみてください。
見る場所で、様々な色に変化していきます。

晴れた日なら、影がカラフルになっていますので、足元を要チェックですよ!

 

アリーナのための クランクフェルト・ ナンバー3

フロリアン・クラール氏の作品。

敷地の芝生の上には、12個のラッパがあります。
ラッパは、2個ずつペアになっており、地中の管で繋がっています。
管が繋がっているおかげで、糸電話のように声が聞こえますよ。

ただ、隣同士のラッパが繋がっているとは限りません。
敷地内のどれかのラッパと繋がっているんです。

ドイツ語で作品のタイトルの意味は、「音のフィールド」
音が持つ可能性を作品に展開したそうです。

他の観光客の方とお話できてしまうかもしれませんね。
頑張ってペアのラッパを見つけてみてくださいね。

スイミング・プール

レアンドロ・エルリッヒ氏の作品

金沢21世紀美術館で一番人気じゃないでしょうか?
SNSでも投稿している人多いですよね。

プールの中を覗いてみてください。
波立つプールの底には、人影が見えます

とっても不思議なこのプール。実は、透明のガラスの上に深さ10センチほどの水が張られているだけ。
奥の人影は、水色の空間なんですね。

この空間は、有料ゾーンではありますが、入ることも可能です。


この中のはしごに掴まりながら、飛ぶ写真が定番になっていますよね。
水に浮かんだような写真が撮れますよ。



晴れの日は、水面から入ってくる光によって、神秘的な空間に!

上から撮っても、下から撮っても楽しいプールです。

上から覗く地上の部分は、吹き抜けのため、雨天時は閉場していますのでご注意を。

展示作品以外もフォトジェニックはいっぱい!

建物自体がオシャレになっていますので、作品以外も楽しめますよ。

エレベーターだったり、廊下だったり。
シャッターを切ってみれば、そこにも素敵な空間があることを確認できるはずです。

建物のいろんなところをチェックしてみて下さい。

金沢21世紀美術館の詳細

所在地
〒920-8509 石川県金沢市広坂1丁目2番1号

電話
076-220-2800

ファックス
076-220-2802

開館時間
展覧会ゾーン:10:00〜18:00(金・土曜は20:00まで)
交流ゾーン :  9:00〜22:00

休館日
展覧会ゾーン:月曜日(休日の場合は直後の平日)、年末年始
交流ゾーン :年末年始

 

 

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)