カメラ

シャッタースピードとは?初心者向けに解説!ブレ写真はこれで解決!

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

前回F値について書きました。
次にこれは何?って出てくるのは、シャッタースピードだと思います。

シャッタースピードも重要ですね。
どういう場面で必要になってくるのでしょうか。
多くの場合、ブレをなくしたい。
このお悩みを解決するには、シャッタースピードですね。

今回は、シャッタースピードについて書いて行こうと思います。

シャッタースピードって何?

カメラは光を取り込む機械です。
イメージセンサーと呼ばれる、光を画像に変える部分に光を集めています。

普段は、センサーは閉ざされているんですが、シャッターを切る時は開くようになっています。

この光を集める時間を、1/1000秒といった一瞬の世界から、30秒といった長い時間など、調整することができます。

この光を集める時間を、「シャッタースピード」と呼びます。

シャッタースピードはどう設定する?

シャッタースピードは簡単に設定できます。
一番簡単なものは、シャッタースピード優先モードを使います。

シャッタースピード優先モードなら、シャッタースピードを自分で決めるだけ。
後のF値などは、カメラ側が自動で調整してくれます。
大変便利ですね!

キヤノンなら「Tvモード」、ニコン・ソニーは「Sモード」となっています。

もちろんマニュアルモードでも、設定できます。
F値など理解しているならこちらがオススメですね。

シャッタースピードでブレを防げる!

シャッタースピードによってブレを防ぐことができます。
ブレ写真って結構出てしまうので、これはありがたいですよね。

ブレを防ぎたいなら、シャッタースピードを上げればいいです。
ここでいう上げると言うのは、シャッターが開いている時間を短くすることです。

1秒以下の、1/500秒や1/1000秒といった時間であれば、スポーツのような一瞬のシーンでもブレを防ぐことができます。

シャッタースピードを上げればいいという訳でもない

ここで、
「ずっとシャッタースピード上げておけばいいじゃん」と考えた方もいると思います。

確かにそうすれば、ブレることはないですね。
ただ、シーンによっては写真が暗くなってしまうケースもあります。

カメラは光を取り込む機械と先ほど書きました。
シャッタースピードが早いと、その分、光を取り込む時間が短いということになります。

日中など明るい場所ならそんなに気にならないですが、
室内や薄暗い場所だと、光が十分に取り込めず、暗い写真になってしまいます。

なので、シーンによって適切な数値にして上げるのがベストですね。

基本は気にしなくてもいい

ここまで読んだ人は、すごく難しそう。。と感じる方も多いのではないでしょうか?

いちいち適切な値に設定するなんて無理。
僕もそう思います笑

なので、基本は気にしなくてもいいです。
日中、外で撮る時などは光が十分にある環境です。
オート機能でカメラに任せても、早いシャッタースピードになっています。

僕は、「絞り優先モード」というもので大体撮影しています。
F値とISO感度のみ設定して、シャッタースピードはお任せです。

なので、ほとんどは気にしなくてもいいと思います。

ブレが起こるシーンで考えよう!

基本はシャッタースピードはお任せにするとします。
それでも、自分で設定する時があります。

それはブレを防ぎたいと思う時です。

ブレには大きく分けて二つの原因があります。
それは、

・被写体が動いている場合
・手ブレ

人物などが動いているシーンは、シャッタースピードによっては残像のようになってしまいます。
それでブレが起こってしまうのです。

また、夜景などの暗いシーンでもありますね。
十分な光を取り込むために、シャッターが長く開く必要があります。
その長い時間のために、手ブレによってブレ写真ができてしまいます。

ブレを抑えるシャッタースピードは?

ブレを抑えるシャッタースピードってどのくらい?
シーン別によって数字はバラバラです。

撮りたい写真によって設定しましょう。
あくまで目安なので、数値は前後して調整してもらうといいかと思います。

被写体が歩いているシーン

被写体が歩いているシーン。
少し動いている時ですね。

1/125秒に設定してみましょう。
これくらいがブレない目安とされています。

心配な方は、1/200秒など少し上げてもいいかもしれません。

浮遊写真など一瞬のシーン

浮遊写真やスポーツなど、一瞬を捉えたい。
ブレやすいシーンですよね。

一瞬のシーンは、1/500秒にしてみましょう。
そうしたら、ピタッとした写真が撮れますよ。

暗いシーンだと、この数値は難しいと思いますが、
日中では、全然問題ないと思います。

夜景のシーン

夜景やライトアップのシーンで手ブレする人は多いはず。
暗いから仕方がないですよね。

ここでも目安のシャッタースピードを試してみましょう。
暗いシーンでは、「1/焦点距離秒」にしてみましょう。

レンズによって焦点距離が違います。
お使いのレンズを見てもらうと分かります。

24-70mmのレンズで考えて見ましょう。

一番広く写っている24mmで撮るとしましょう。
その時なら、「1/24秒」になります。

逆に一番ズームしている70mmなら、
「1/70秒」になります。

この数字はあくまで目安です。
カメラの技術が進んでいる関係で、ブレは本当に防げるようになりました。
これ以下の1/10秒でもいけるよって人もいるでしょう。
実際に撮ってみて、自分のブレない限界値を知っておくといいかもしれませんね。

最後に

撮りたい写真に関わってくるシャッタースピード。
最初は、3つ頭に入れておけばいいかと思います。

・1/125秒
・1/500秒
・1/焦点距離秒

撮りたいシーン別にこれらを使い分けて見て下さいね。

 

 

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)