写真

夕日の黒つぶれを改善!黒つぶれの補正の仕方

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

素敵な夕日に巡り会えたある日。
夕日と友達、花や建物などと一緒に撮りたいシーンってありますよね。

カメラで撮ってみると、空は綺麗なのに一緒に撮りたいものは黒くなってしまい、何か分からない状態。こんな経験ありませんか?

この黒くなってしまう現象は、「黒つぶれ」と呼ばれています。
黒つぶれは、なかなか厄介ですよね。
簡単に起こってしまいますし、諦める人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな黒つぶれの改善策をご紹介させてもらいます。
案外簡単にできますので、参考にしてみて下さいね。

露出調整してみる

一番簡単な方法は、露出補正することです。
露出補正で写真全体を明るくしてみましょう。
黒つぶれの部分が、明るくなって写したいものが出てきます。

ただ、このやり方は一点注意することがあります。
夕日のシーンでこれをやると、空が明るくなりすぎて真っ白になります。
これを「白とび」と呼んでいます。

実際にやってみると分かると思うんですが、簡単に白とびしてしまいます。
黒つぶれの部分が明るくなってくると、空は白くなりがちです。

露出補正は、ほどほどにするのがいいでしょう。

現像で調整してみる

カメラで撮った写真をパソコンで編集してみましょう!
この作業を「RAW現像」や「レタッチ」などと呼んでいます。

もっと気軽にしたい方は、スマホでもできるツールがあります。
そちらで試してみてもいいかもしれません。

スマホ1つで簡単編集!神ツールLightroom mobileこんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 写真を綺麗に残したい、見た景色に近づけたい。 そういったお悩みを...

私は、現像作業を「Lightroom」というソフトでしています。
今回は、このソフトで説明していきます。

黒つぶれは、ソフトの「シャドウ」、「黒レベル」の部分で調整していきます。
この2つの項目は、写真の黒い部分を明るくしていくものです。

シャドウを上げていくと、黒い部分がどんどん明るくなっていきます。
自分の好みのところまで、上げていきましょう。
シャドウで、黒い部分が持ち上がったら、次に黒レベルで微調整して下さい。

この2つのゲージをいじるだけで黒つぶれは大きく改善します。
見せたいものが現れたのではないでしょうか?

シャドウ、黒レベルを上げた写真。
見えなかったひまわり畑が浮かび上がってきましたね。

黒つぶれをそのままにしておく

本題とは、全然違う話にはなるんですが、黒つぶれをそのままにしておくという考え方もあります。

その代表的なものが「シルエット
逆光のシーンで、よく現れますよね。

シルエットは、とても写真を印象的にしてくれます。
「見せない」という手段を使うというのも、技法のひとつです。
表現の幅を広げておくと、いい写真が撮れると思います。

最後に

黒つぶれを直したいなら、現像ソフトを使うのが一番効果的です。
各メーカーで、無料のものを配布しているので、興味がある方はそこから始めてみてもいいかもしれません。

スマホで編集したい方は、アプリをインストールしてみて下さいね。
やってみると、とっても簡単です。
黒つぶれから、あなたの手で救い出してみて下さいね。

 

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)