写真

アプリ「SNOW」でボケ写真。iPhoneのポートレート以外での撮り方

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

iPhoneのポートレートモードがすごいですね。
スマホでの写真もここまで撮れるの?っと驚いております。

僕もこの機能が欲しくて機種変更したい!っと思ってしまいます。
そんな考えの方も多いんではないでしょうか?

ただ、僕は踏み止まっています。
その理由は、iPhoneのポートレートモードでなくてもボケが作れることが分かったからです。
みなさんがよく使うアプリを使えば、スマホでボケのある写真ができてしまいます。

今回は、そのやり方をご紹介したいと思います。

iPhoneでポートレートモードが撮れる機種

iPhoneでもそこそこ最新機種でないと、ポートレートモードは撮れません。
現在、ポートレートモードが撮れる機種は、

iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR

これらの機種には、ポートレートモードを使うことが可能です。

欲しいけど、金額は、10万に及ぶ域まで行ってしまいますね。。
カメラだけでなく、いろいろ機能が素晴らしいので仕方ないですが。

ボケは合成で作っている

iPhoneのカメラレンズがすごい!っていうのではなくて、ボケは後から合成しているんです。
(普通にカメラレンズは優秀ですけどね)

iPhoneにはカメラレンズが2種類あります。

広い範囲を撮る用の広角レンズ。
それと望遠用の望遠レンズです。

ポートレートモードでは、望遠レンズで被写体にピントが合うようになっています。
撮ったときに、ピントがあっている部分を残しつつ、もう1枚はボケさせる。
それをiPhone内で処理してボケ写真を作っているというカラクリになっています。

ただ、iPhoneXRは、ひとつのレンズでボケ写真を作っているモデルになっています。

なので、カメラ重視であれば、デュアルレンズと呼ばれる2つレンズが搭載されているモデルを購入するのがいいかと思います。

アプリでボケ写真が作れる!

ここまでで察しの良い方は気づいてしまったと思います。

スマホでも、ピントを合っている部分を残し、後はボケさせるようにアプリで加工できればiPhoneでなくてもボケ写真が作れる!っということになりますよね。

なので、ポートレートモードを使わなくても良いんですね。
これは、本当に助かります!

SNOWでボケ写真が作れるよ!

すごくメジャーなアプリでボケ写真が作れてしまいます。

それは、「SNOWです。

おなじみのアプリですよね。

SNOWのエフェクトの中に、「一眼」という機能があります。
これを使えば誰でもボケ写真が作れてしまうんです。

SNOWでボケ写真の撮り方

では、ここからはSNOWでのボケ写真の撮り方です。

まずは普段通りに写真を撮ってみてください。

すると、下の項目に「一眼」というものがあります。


ここを選択します。

すると、写真に次のような文字が出てきます。

ここでピントの位置を指定できます。
今回は、植物にピントを合わせたかったので、植物をタップします。

ボケ感は、下のスライドで調整できます。

ボケさせたいなら、右の方へスライドします。
今回は、80ほどにまで動かしてみました。

最後に

スマホでも一眼に近づく勢いですよね。
僕は、機材にこだわりたいとかあまり思っていません。

それより、いい写真が撮れればどのツール使ってもいいんじゃない?っと思っています。

SNOWを使って簡単にボケを作ることができました。

こういったアプリも使ってお気に入りの一枚を仕上げてみてください。

 

 

 

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)