カメラ

ファインダーは必要?ファインダーのメリットを考えてみた

こんにちは。
kohei(@k_photo_blog)です。

ミラーレス機がどんどん増えてきて、ファインダーがないモデルも増えてきましたね。
背面ディスプレイで見て撮れるので、必要ないでしょ?っと思われる方も多いのでは?

ファインダーがある分、カメラも大きくなってしまうデメリットもあります。

ただ、それでも僕はファインダーのあるカメラをオススメしたいです。
ファインダーのメリットってあるんですよね。

今回は、ファインダーのいいところを紹介したいと思います。

手ぶれが防げる

スマホでもいいんですが、写真撮るように構えてみてくれませんか?

脇開いてませんか?

ディスプレイ見ながらだと、脇が開いてしまうんですよね。
脇が開くとカメラが動きやすくなるんで、手ぶれが起きやすいんですよ。

ファインダーだと、目線と同じ位置にカメラを持ってくるので、自然と脇が締まります。
顔に当てて覗くので、顔と両手の3点で支えるので、安定感も増します。
なので、手ぶれするのを防ぐことができますよ。

脇を締めるだけでも効果はありますので、写真を撮る時は意識してみて下さいね。

撮りたい構図で撮りやすい

ファインダーを覗いて撮影すると、目線とカメラの位置が一緒になります。
見たままの構図で撮りたいなら、目線と合わせるのが大事になってきます。

ディスプレイを見ながらだと、目の位置より下がった視線になってしまうのが多いと思います。

ディスプレイを目線まで持ってきてもいいんですが、ずっと撮っていると手が疲れやすいですよね。

撮りやすいっていう点は、重要だと思います。

構えている姿がかっこいい!

メリットと言えるのかは人それぞれの気がしますが笑

個人的には、構えている姿はかっこいいと思います。
それに気分もプロっぽくなって、撮っている時の楽しさが倍増です。

カメラ仲間が出来たら、撮り合いっこするのも楽しいですよ。
通称「撃ち合い」と呼んでいます。

そういった遊び方もしてみて下さいね。


撃ち合い意外と楽しいですよ!是非お友達と遊んでみて下さい。

晴天、逆光でも撮りやすい

僕のオススメしたい理由の一番はこれです。
晴天や逆光のシーンでも撮りやすいこと。

外で晴れの日だと、ディスプレイに光が反射して見えない経験ないですかね?
そんな時は、ファインダーがあると、とっても便利です。
周りの光を気にせずに、写真が撮れますよ。

僕は、ミラーレスのファインダーを特にオススメしたいです。

一眼レフは、ミラーを反射したものを見ているので、夕日などはとても眩しいです。
対して、ミラーレスはファインダーに写っている映像を見ながら撮ります。
なので、一眼レフより、眩しくなくて撮影しやすいです。

逆光時のピントって合いにくいんですよね。
僕は、オールドレンズのような、自分でピントを合わせるレンズも使うので、特にここは重要なポイントです。

魅惑のオールドレンズ!独特の世界観を楽しもう!こんにちは。 kohei(@k_photo_blog)です。 写真にいい質感出したい!フィルム写真みたいなやつ普通のカメラで出せ...

最後に

ファインダーがなくても写真は撮れます。
ただ、シーンに合わせてはとても味方になってくれるのがファインダーです。

ファインダーのいいところ伝わったでしょうか?
カメラを選ぶ際などに参考にしてみて下さいね。

 

インスタグラムでお写真投稿しています。
こちらも遊びに来て下さい。(@kohei.ishikawa)